★はちみつ好きの★はちみつ好きによる★はちみつ好きのための★サイト

マヌカハニーに出会って人生が激変した元病弱人の健康物語

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぶぶあられ
小さい頃から病弱・虚弱体質で、小中学生の頃は毎日保健室に通っていました。。そんな私ですが、マヌカハニーに出会い、予防のちからを借りることで、今では(現在アラフォー父です)風邪もほとんどひかないようになりました♪(年に0~1回)マヌカハニーを通して予防や未然防止についてお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

はじめまして!ぶぶあられです。

この記事では、

私は病弱・虚弱体質で、

小中学生の頃は、毎日保健室に通っていたこと。

マヌカハニーの予防・未然防止のちからに出会い、

今では風邪すらほとんどひかない

体調を維持できるようになったこと。

などを中心に

私の自己紹介や

このブログの目的について話していきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

軽く自己紹介をさせて頂くと、

・幼少からの虚弱・病弱体質を知識と実践で克服。

・一年を通して、風邪をひきにくい、ダウンしない状態を維持している。

・風邪をひきそうになっても即日回復し、翌日に持ち越さない。

・予防、再発防止、未然防止の知識を手に入れ続けている。

・得た知識を実践しながら試し、効果のあった内容について発信している。

・マヌカハニーについては、

ニュージーランド現地で実際に養蜂している専門家から直接話を聞いて最新の情報を得るようにしている。

・家族、子供にも予防の知識、実践を共有し効果を出している。

・健康に良い製品、食品の知識を常にアップデートしている。

・手に入れた情報と実践から得た経験をネットでシェアするようになる。

・etc

私はこんな感じの人間です。

予防について興味を持って下さっている方は

・毎日忙しいサラリーマン・主婦の方はもちろん

・アナウンサーのように声でお仕事をされていて、風邪をひけない方

・現在妊娠中で、風邪をひいているけど強い薬を飲めない方

・百貨店・CA等対面接客業でマスクをつけることが禁止されている方

・なかなかお休みが取れない、お坊さん、お医者さん

など色んな人がいます。

で、よく突っ込まれるのが

え!?ぶぶあられさん、一年中風邪ひかないの!?

なんとかは風邪ひかないっていうアレじゃないの~?

とよく言われます(笑)

確かに私はアレかもしれませんが、

昔はちゃんと?!風邪をひいていましたし

昔よりは少し賢くなってきていると思っています(笑)

それはさておき、なぜ病弱だったぶぶあられが、

1年中風邪をひかないようになったのか?

この後話します。

おそらく、

私のことを初めて知って下さった方は

1年中風邪をひかないっていうんだから

・何とかは風邪をひかない系か、

・体を鍛えまくっているか、

・なんか怪しい激効きの注射でも打ってるんでしょ?

こいつ、クソ怪しい奴だな・・・

と思っているかもしれません。

それが普通だと思いますし、

よく言われます。

私も昔は風邪をひかないとか意味不明だし、

そんなんありえへんやろ!と

思っていました。

ですが、実際、

予防習慣を身につければ

1年中風邪をひきにくい体を

手に入れることは可能です。

このあたりの誤解は

今後予防についての情報を

共有させて頂くことで

解けていくので、

むしろ楽しみにしてもらえればと思っています。

このブログの理念、目的は、

「予防は希望」です。

上記で紹介させて頂いた通り、

私は予防の力を手に入れることにより、

体調が悪くなることが激減しました。

 病院(内科・耳鼻科・歯医者・小児科等・・)に行く回数が

激減(多いときは週3回行ってました・・・が→3か月に1回に減少)し、

自分や家族の時間が激増しています。

 予防や未然防止くらいで本当に健康になったり

時間が激増するのか?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、

健康・時間は増えます!

そのことを知って頂きたいです。

 その上で、このブログを読んで頂けたらうれしいです♪

私の経験を交えた

本当の意味で時間を増やす方法や

身体をどんどん健康にする方法を書いていきます。

是非興味ある記事からどんどん読んでください。

そして、私がこのような活動をする上で、

過去の経歴を共有しておくと、

より理解しやすくなりますし、

私のブログの内容を理解しやすくなります。

ですので、少しばかり私の過去の物語を

今から共有をしていこうと思います。

ーーーーーーーーーーぶぶあられ物語ーーーーーーーーーーー

毎日保健室に通っていた、小中学時代

私は、小さいころから虚弱体質で、がりがりの子供でした。

あだ名は骨皮くんとか、かもしかくんと中学生頃まで呼ばれていました。。

小学校にはいくものの、いつも体調が悪かったり、

頭痛等でしょっちゅう保健室に運び込まれ、

毎日のように保健室で寝ていました。

 寝ていると、授業がはじまるときと終わりのときに

上の階からいすを引きずる音が聞こえてきて、

そこに自分だけがいないさみしさがこみあげてきて、

とてもつらかったですね。

 チャイムの音ってこんなにおおきかったっけ?

とか思いながらベッドによこたわっていました。

なんで僕だけここにいるんだ。みんなと一緒に授業受けたいのにと、

毎回思うのですが、体が言うことを聞いてくれません。

 保健室で寝た後は先生から家に電話がかかってきて

迎えにきてもらうというパターンが繰り返されていました。

 親も今日もそろそろかなっておもってたらしいです。

迎えにきてもらったあげく、車の中で気分がわるくなり、

止めてもらって外でキラキラを吐くとかもしょっちゅうでした。

 食も細く、王将の天津飯を1人前食べられるようになったのは

高校生になってからです。

みんななんでそんなにたくさん食べられるんだ?

と毎日不思議に思っていました。

心の底ではみんながうらやましくて仕方なかったんですけどね。。

 他にははアレルギー性鼻炎にもなり、

毎週のように自転車に乗って隣町の耳鼻科まで通っていました。

遊ぶ時間はなくなるし、夜遅くなるので寂しくて

怖くてとてもいやな思いをしました。

 水ぼうそうにかかったときは、学校を少し休んで、

安静にしてたら治るというのが普通のパターンですが、

自分の場合は、熱が40度を超え、

さすがに親も心配して入院ということになりました。

この時もなんで僕だけ?と落ち込みました。

 おかげさまで、退院祝いに初めての腕時計を買ってもらえて

うれしかったのはよく覚えています。笑

(水色のミッキーマウスのデジタル腕時計でした。)

 中学生の時は、ちょっとがんばって体力をつけようと思い、

テニス部に入り走り込みをするようになりました。

 今までの僕とは違うぞ!絶対見返してやるとなぜか燃えていました。

体力はついて、少しは速く走れるようになりました。

ただ、走り終わった直後からはげしいぜんそく症状に襲われ、

30分くらい息が吸いづらくなり、

それがきっかけで走ること自体に恐怖を感じるようになりました。

 高3~大学生にかけては、肺に立て続けに穴が開き、入退院を繰りかえしました。

 その後、社会人になって、多少体調は安定するようになりましたが、

風邪をひけば2か月は治らないという、超貧弱状態が続いていました。

(1年に2回は風邪をひいていたので、人生の1/3が風邪のような悲惨な状態です。)

 こんなに貧弱状態でありながら、

 お恥ずかしながら初めて健康について真剣に意識するようになったのは、30代も後半にさしかかるようになってからです。

自分より年下の妹が胃がん検診にひっかかる!

きっかけは、妹の「ピロリ菌いた!」の一言です。


 実は私の妹はまだ30代にも関わらず、

胃がキリキリするので健康診断で胃カメラをした際、

胃がかなり萎縮しているし、胃壁が薄くなっている。

このままでは胃がんになってしまうよ!

とお医者さんに警告されました。

ピロリ菌の検査もしたところやはり陽性で、

除菌しないとこのままで胃がんに進行してしまうよ

と言われ非常にショックを受けました。

 うちの家系、両親ともに大の病院嫌いで、

風邪をひいても寝てたら治る。薬飲むやつは負け的な考えでした。

 なので、妹も健康診断は必要最低限のメニューしか

今までしていなかったのですが、

最近ずっと胃がキリキリするとのことだったので、

胃カメラで見てもらったほうがいいんちゃう?

と言って見てもらったところピロリが見つかったのです。

 幸い、妹の場合、除菌はうまくいったのですが、

ピロリ菌除菌後は再発率として、0.22~3%と低いですが、

「再感染」、「再陽性化」の可能性があるとのことで、

知人からピロリ菌感染予防等に効果が高い

マヌカハニーを紹介してもらいました。

(なぜマヌカハニーかというと、

実はピロリ菌は二度の除菌をしている方であれば

薬での除菌が不可能となってしまいます。

詳しくは別の記事でお伝えしますが、

抗生物質に慣れた菌は薬が効かず、除菌できないということです。

薬では対応できないため、海外ではマヌカハニーを使って

抗生物質が効かない病気に対応している例があります。)

 その後、妹は1日に2、3回なめるようにしていると言っていました。

 はじめは自分は全く興味がなかったですし、

そんな、たかがはちみつ位で病気が予防できるなら、

薬は何のためにあるんじゃ~い!と反発していました。

 ただ、妹がピロリじゃなくてもぜひ一瓶だけでもためしてみたら?

健康にいいから。

ということで無料で(笑)送ってくれたのが

きっかけで、食べてみることになりました。

 殺菌力が高いとのことで、良薬口に苦し的にまずいのかなと思っていたのですが、意外とそんなことはなく、ひとなめすると幸せが口に広がる、そんな瞬間に立ち会うことになりました。

 兄「なんやこれ、意外とおいしいやん?」

 妹「せやろ?意外といけるやろ?

殺菌力付き高級のどあめとでも思って食べたらいいよ。

ちなみにはみがき粉がわりに使って虫歯予防にもなるよ」

 兄「は?意味わからんがな。」

  というような感じで殺菌力からいろいろな

予防にもいいということでした。 

(別途、いろいろな効能についてお伝えしますね。)

 それ以来、自分も、家族もマヌカハニーを朝晩に

ひとなめすることが習慣になり、

「あ、今日はちょっとのどがいがいがするなあ」という時でも、

ダウンすることがないようになりました。

 今までは、のどがいがいがしたら、

のど飴をなめるとかでごまかしていました。

 結局風邪の初期症状からそのまま風邪になり、

また1か月位調子が悪いという状態に甘んじていました。

ですが、

兄「最近は僕らほとんど風邪ひかへんようになったな?」

妹「風邪のひきはじめっぽいところから元気なところに戻ってこれる感じがある」

長女「うちものどのいがいがから戻ってきたっ笑」

と後から気づきましたが、

家族みんながダウンしないようになりました。

 このころから私の健康に対する意識が(やっと?)改まり、

治療する前に予防でしょ!!

ということで、

予防に関する知識と実践を繰り返すことで、

風邪をひいてダウンするようなことが1年を通して

なくなるレベルまで体調維持できるように人生で初めてなりました。

 以上のような経験から、

このブログではマヌカハニーのことを中心に

予防、未然防止についてお伝えしていきます。

 読んで下さった方の毎日の健康維持に少しでもお役にたてるような情報発信をこころがけていきます。

(発信内容の一部をご紹介) 

・マヌカハニーって書いてあるハチミツならなんでも一緒なの?

・普通のハチミツどどう違うの?

・マヌカハニーの効能、選び方

・MGOとかUMFとか規格の記号が何種類もあってよくわからないんですが。。

・ニュージーランドの山奥(回線が安定せずつなぐのに苦労しました)まで国際電話でつなげ、ベテラン養蜂家さんから直接伺った詳しいお話

等、ネットでは玉石混交の情報が飛び交う中、

私が直接生産者の方に聞いた話やお医者さんから伺った話など

を通じて極力最新の信頼性の高い情報をお伝えしておきますので、

楽しみにしていてくださいね!!


下記、メルマガではブログでは語っていない深い内容も盛りだくさんで話しています。

メルマガ読者さん限定の記事もありますので、楽しみにしていて下さい。

以下から登録できます。

→ぶぶあられメールマガジンはこちら


ぶぶあられです。 私は小さい頃から病弱・虚弱体質で、 小中学生の頃は毎日保健室に 通っていました。。 そんな私ですが、 マヌカハニーに出会い、 予防のちからを借りることで、 今では風邪もほとんどひかない (多くて年1回) ようになりました♪ マヌカハニーを通して予防や 未然防止についてお伝えしています。 もっと、運営者ぶぶあられの事を 知りたいと思ってくださった方は 下記を読んでください!

絶望・予防・希望のものがたり

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶぶあられ
小さい頃から病弱・虚弱体質で、小中学生の頃は毎日保健室に通っていました。。そんな私ですが、マヌカハニーに出会い、予防のちからを借りることで、今では(現在アラフォー父です)風邪もほとんどひかないようになりました♪(年に0~1回)マヌカハニーを通して予防や未然防止についてお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マヌカハニーのちから , 2019 All Rights Reserved.